屋根裏部屋がなくても屋根裏換気は必要?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

屋根裏換気があると夏でも快適!という話を聞いたことはありませんか?しかしその一方で工務店やリフォーム会社に屋根裏換気は必要ないと言われた方もおられます。屋根裏換気は必要なのでしょうか?そもそも屋根裏換気とは何でしょうか?ご説明したいと思います。

・屋根裏換気って何?

屋根裏もしくは小屋裏と呼ばれる場所は室内の天井面の裏から屋根の内側までの空間のことを指しています。収納や小部屋として屋根裏を用いる場もありますが、この部分は元々壁と天井で塞がれている部分なので、大きな空気の流れはありません。そこに空気の「流れ」を作り換気できるようにすることを屋根裏換気と言います。

・屋根裏換気って必要なの?

屋根裏換気は法的に必須事項でもないため、基本的には屋根裏換気を設けるかどうかは施主が決めることが出来ます。

そのため「屋根裏にロフトや部屋を設けている家や、屋根裏収納がある家だけが換気が必要なのでは?」「うちは、屋根裏を活用しているわけではないから換気は気にしなくても大丈夫!」と思っておられる方もいらっしゃるかもしれません。しかし部屋や収納が無い場合でも屋根裏換気は重要な役割を果たしてくれます。

例えば、屋根裏は夏の暑い時には60℃~70℃近くに達します。人が足を踏み入れない空間だとしても、これほどの気温になると天井に敷き詰めた断熱材の効果は低くなり天井下にある部屋の気温を上昇させます。そうなると勿論部屋のエアコンの効きは悪くなってしまい光熱費がかかります。また屋根裏の木材は高温によってカラカラに乾燥し、必要な水分を保てなくなるので、木材の耐久性を低下させてしまいます。

その一方で冬になると、換気ができないことで屋根裏に結露が起こりカビやシロアリを発生させてしまいます。屋根裏を収納や部屋の一つとして利用していない場合でも、換気が行われていないことで建物自体の劣化に繋がる原因となってしまうので、屋根裏換気を設けることは効果的です。では、どんな方法で換気を設けることができるのでしょうか?

・屋根裏換気の方法

1.ガラリを設ける
屋根が切り妻形状の場合、外壁の妻面にガラリと言われる換気口を2か所設けます。屋根面積の1/300以上の換気口を設けることで通気性を確保します。
2.軒下換気
寄棟屋根などでよく採用されており、軒の出部分の軒下に換気口を設けます。吸気と排気が軒下部分で行われるようになります。
3.ガラリと軒下換気の併用
暖かい空気は自然と上昇するので、軒下換気と妻側のガラリを併用することで、軒下から吸気してガラリから排気されるという自然な空気の流れが生まれます。
4.軒下換気と棟換気の併用
3と同様、軒下換気と棟換気を併用することで、軒下換気口から冷たい空気が自然に吸気され、温度差によって棟換気口から屋根裏の空気が排出されて自然に換気が出来ます。
5・機械式による換気
最近の住宅では気密性がアップし、屋根の形状も複雑であったりすることから自然換気では効果が期待できない場合には機械を用いて強制的に空気を循環させるという方法もとられています。空気の溜まりやすい場所に屋根裏拡散ファンを設置させて循環させるものや、晴れている暑い時にだけ作動するソーラーパネルを利用したもの、人気の屋根裏換気システムと呼ばれるタイプのものなどがあります。

・まとめ

空気の流れがなく屋根からの熱や室内からの湿度から影響を受けやすい屋根裏は、夏は高温に冬は多湿になりやすい空間です。

屋根裏を部屋として用いていない場合でも、その環境は室内のエアコン効率や構造材への劣化に影響を及ぼすので屋根裏換気を設けることは、快適な家を長く保つ点で効果的です。

ランニングコストのかかる機会式の換気システムを導入しなくても、妻面や軒下に換気口を設けることで自然な風の流れを作りだし換気が行えます。快適な住環境を手に入れるために屋根裏換気を検討してみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。