雨漏り対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

屋根は家を永く守るための重要な部分です。雨漏りを放置していると家全体の躯体にかかわってきます。

もし、瓦などにヒビや割れなどを発見したら雨漏りしないうちに早めの対策が必要です。

屋根の定期点検を業者に頼むと費用がかかるから、自分でできないだろうか。と、考える方も少なくないと思います。

 

ですので、参考までに雨漏りの発生しやすい箇所とその点検方法、雨漏り対策をご紹介します。

 

雨漏りがおこりやすい箇所

1.棟板金

2.スレート

3.漆喰(しっくい)

4.

5.谷樋

6.ベランダ

7.天窓

8.屋根全体

 

屋根の雨漏り対策

【※注意※】 ご自分でのチェックは1F屋根だけにしてください。2Fや3Fに登るのは危険ですので、必ず業者に依頼しましょう。

■ スレートや瓦にヒビや割れがあった場合

コーキング補修を行う。

※コーキング補修は、あくまでも応急処置です。いよいよ傷んできたかなとなったら業者に修理を依頼することをおススメします。

■ 瓦のズレや割れがあった場合

瓦は、ほとんどが載せてあるだけなので、簡単に取り外せます。ただし瓦の種類を見分けるのは一般の方には難しいかもしれません。その場合は、業者に依頼する方がいいでしょう。

■ 棟板金の剥がれや浮きがあった場合

板金が剥がれている場合、下地材が傷んでいると またすぐに剥がれてしまう可能性が高いです。業者に棟板金交換をしてもらいましょう。

■ 漆喰(しっくい)にヒビや剥がれがあった場合

漆喰補修には専門技術が不可欠です。必ず屋根修理業者に依頼しましょう。

■ コーキング剤のヒビ割れや剥がれがある場合

コーキングの剥がれがある場合、古いコーキングを剥がして新しくコーキングを打ち直します。ただし、屋根の上は不安定で危険なので、自信のない方は無理せず業者に依頼しましょう。

■ 経年劣化

経年劣化は、業者による葺き替え工事が必要となります。

 

以上の、素人の方が自分でできるものは全て応急処置とお考えください。雨漏りが発生することを前提の上、高所作業をする覚悟と自己責任を持って行わないといけません。

 

《自己処置のデメリット》

自己処置では「落下危険」「別箇所での雨漏り誘発」というデメリットがあります。

1.落下事故が最大のデメリット

二階建住宅の屋根の高さは地上約68メートルです。

6~8mの高さからの落下衝撃はかなりのものです。若い人で脚や腕などの骨折なら、回復できるでしょうが、頭部の怪我は深刻な事態になりかねません。治療費云々の問題ではなく、後遺症が残ると人生そのものの問題にかかわります。これが自分で雨漏り対策処置をする最大のデメリットです。

2.自己処置で別箇所が雨漏りする

屋根の上で作業する際に絶対にやってはいけないことがいくつかあります。代表的なものとしては以下になります。

①屋根材にむやみな釘打ち

特に棟部でありがちで、棟板金を固定する木部にマズイ角度にクギを打ち込むと、クギが木部を貫通し、下のスレートが割れ、そこから新たな雨漏りが発生します。また瓦の下の野地板に長いクギを打って貫通してしまい、雨漏りさせる場合があります。

②日本瓦の山を踏む

瓦の山の下は大きな隙間があるため、体重を乗せると瓦が割れてしまいます。そこから雨水が入り込み、雨漏りが発生します。

③むやみなコーキングで雨水の流れを変える

現状雨漏りしていなくても、屋根は一か所傷んでいれば、あちこち傷んでいるものです。雨水の経路が変わり、その傷んでいる箇所に流れると新たな雨漏りになります。

他にも気を付けなければならない事はありますが、上記のことだけ気を付けるのもいっぱいいっぱいになると思います。屋根上で適切な処置をするのは経験豊富でなければ難しいでしょう。

 

修理料金の目安

雨漏り箇所

修理概要

料金目安

棟板金の浮き

棟板金の撤去・交換

30万円~100万円

スレートのヒビ割れ

スレートの交換(1枚)

1万円~2万円

漆喰の崩れ

漆喰の塗り直し

30万円~80万円

瓦の割れ

瓦の交換(1枚)

1万円~2万円

谷樋の不具合

谷樋の撤去・交換

20万円~80万円

ベランダの傷み

防水コーキング施工

5万円~20万円

天窓

防水コーキング施工

5万円~25万円

経年劣化

屋根の葺き替え

100万円~300万円

 

まとめ

雨漏り対策はどのようにすればいいのか、屋根修理業者に依頼するとどのぐらいの出費になるのか、また自分でする場合のデメリットをご理解いただけたでしょうか。

手間と料金と危険性を考慮して、ご自身で行なうか業者に依頼するかの判断基準にしていただければと思います。

 

 

雨漏り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。