屋根修理の相場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
屋根修理

屋根の修理にはどれくらいかかるのでしょうか。工事の種類や、使用する材料の違い、屋根の状態や業者の違いなど、価格を変化させる要因は様々です。それぞれの屋根の種類やお客さまの要望によって工事内容も違います。今回ご紹介する価格相場はあくまでも目安ですが、参考にしていただければ幸いです。

修理料金の目安

補修箇所

修理概要

料金目安

棟板金の浮き

棟板金の撤去・交換

30万円~100万円

スレートのヒビ割れ

スレートの交換(1枚)

1万円~2万円

漆喰の崩れ

漆喰の塗り直し

30万円~80万円

瓦の割れ

瓦の交換(1枚)

1万円~2万円

谷樋の不具合

谷樋の撤去・交換

20万円~80万円

ベランダの傷み

防水コーキング施工

5万円~20万円

天窓

防水コーキング施工

5万円~25万円

経年劣化

屋根の葺き替え

100万円~300万円

経年劣化

カバー工法

50万円~120万円

 

最も低価格で行う屋根の修理は部分補修です。割れた瓦の取り換えや、雨どいの簡単な修理などは低価格で行える場合が多いでしょう。足場が必要な場合は、足場を組む費用がかかるので、高額になることもあります。その場合は、より規模の大きな修理を行うほうが長期的にはお得になるかもしれません。

 

修理を成功させるポイント

その場しのぎの修理はしない

 雨漏り箇所が分かっている場合は、その部分だけの修理をすると安くあがります。しかし、雨漏り原因によってはすぐに再発したり、他の場所での雨漏りを誘発させる場合もあります。家全体の事を長期的に考えると、小さなほころびをきっかけに大規模な修繕リフォームを考えるといいかも知れませんね。

 

適正価格かどうかを見極める

 工事費用を決定する要因は様々なので、価格にはひらきが生じます。それぞれの屋根の条件や状態に応じて価格は違います。大切なのはその価格が適正かどうかですね。工事の質が良くても、価格が高すぎると工事に対する満足度は高くなりません。逆に、安すぎる場合も手抜き工事なんじゃないかなと不安になりますね。

屋根修理の素人である一般の方でも、適正価格を知る方法はあります。

何社かの見積りを比較することで相場がわかり、適正価格での屋根修理を行うことが出来るかもしれません。

 

屋根材で価格が変動

 屋根材にはスレートやトタン、ガルバリウム鋼板などが挙げられます。それぞれ耐久性や価格が異なるので、今後の維持費用やリフォーム計画なども考慮して最適な工法と素材を選ぶようにしましょう。

 

屋根と外壁の同時リフォームでの費用を節約!

例えば、屋根リフォームをするときは屋根工事そのものの工事以外に、足場の組立てと、完工後の足場撤去の費用が必要になります。

この費用は形として残るものではないので、言うなれば“消え物”の代金になります。

屋根リフォームの為だけに、消え物の代金まで支払うのはもったいないですよね。

足場の代金を考えると、どちらか一方だけのリフォームより、屋根と外壁を一緒にリフォームした方がお得になります。

 

まとめ

 普段目にすることのない屋根は、お手入れが先延ばしになりがちです。

しかし、経年劣化は防ぐことができないものです。手遅れにならないよう定期的に専門業者にメンテナンスを依頼した方が良いですね。(くれぐれも自分で屋根に上がらないで下さい。危険です!)

傷みが軽度なら修繕費用も安く済みます。傷みが酷くなってからでは修繕・リフォーム費用も何百万と膨らみます。定期的なお手入れが一番家にも家計にも良いのです。

 

 

屋根修理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。