屋根葺き替え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
屋根葺き替え

屋根の傷みが酷く、補修工事では一時しのぎ、もしくは間に合わないという状態のときは「葺き替え」工事が必要です。
今回は屋根の葺き替えリフォームについてご紹介します。

屋根の葺き替えとは

屋根の表面だけの補修ではなく、全面的に屋根を一新するリフォームのことです。
表面の補修だけでは不安な場合は、既存屋根の下地から全て新しくやり替える「葺き替え」リフォームをします。
ただし、建物の形状や状態によっては、傷みの激しい部分だけを取り替える「一部屋根葺き替え工事」で済む場合もあります。

次に葺き替えリフォームのメリットとデメリットをご紹介します。


メリット

■地震に強くなる
軽量な屋根材に葺き替えることによって耐震性の向上ができます。従来の和瓦は丈夫で長持ちしますが、その重量ゆえ地震の時には家が倒壊しやすいというデメリットがあります。
リフォーム時は軽量で丈夫な屋根材に変えると安心です。
雨漏り対策
台風やゲリラ豪雨などの際は、雨漏りが突然発生する場合もあります。老朽化して雨漏りし始めると、室内までダメージを受けてしまいます。そうなると、屋根のリフォームだけでは済まなくなり、余計なコストがかかります。塗装や補修で対応できなくなってきたら、葺き替えを検討することをおすすめします。


デメリット

■費用が高い
基本的に補修工事より葺き替え工事の方が費用は高くなります。
しかし長期的にみると、葺き替え工事をすることで、結果的に家にかかるトータルコストが安くなるケースが多いのです。老朽化した屋根はメンテナンスのサイクルが年々短くなってきます。頻繁に補修を必要とする状態になると当然費用はかさみます。さらに屋根材が傷んだ状態のままだと、建物自体の寿命を縮めてしまう可能性もあります。長く住まうためには、屋根を葺き替えてしっかり建物を守らないといけません。
一度の出費を抑えて頻繁にメンテナンスをするのか、葺き替えて全部新しくしたほうがよいのかの判断は素人になかなか分からないものです。プロのリフォーム会社に相談して見てもらうのが良いでしょう。


まとめ

適切な時期にリフォーム工事を行うには、定期的に現状を確認し、早めにリフォームを検討するようにしましょう。
リフォームにかかる費用をできるだけ抑えたいという人は多いと思います。しかし、一時的な出費はあっても、長期的に考えると建物の状態を長く良い状態で保ち、結果的に家の寿命が長くなることにつながります。屋根などの高所は業者にメンテナンスを依頼し、写真などを見せてもらった上で判断し、良いリフォーム決断ができるようにしていただきたいと思います。

 

 

 

屋根修理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。