防水工事

防水の種類

防水工事

防水工事とは、建物や構造物を雨、雪、水、紫外線等から守り長期的に保護する工事です。

 

防水の改修時期

防水材の標準的な耐久性能は10年から15年が最も多く、20年以上の耐久性を有する材料もあ

ります。しかし、防水層が変色していたり、破れや亀裂が発生していたら早急にメンテナン

スが必要です。

続きを読む

屋上防水工事は耐用年数で減価償却できる?

建物所有者は建物を守るために定期的に屋上防水工事を行わなければいけないかもしれません。定期的な工事だけに、工事費もそれなりにかかりますよね。確定申告の際などには、しっかり計上したいものですが、屋上防水工事は経費として計上できるのでしょうか?出来るのであれば、どのように計上できるのか見てみましょう!

続きを読む

最もポピュラーな防水工事「ウレタン塗膜防水」とは?

建物の雨漏りを防ぐだけでなく構造自体を守っているのが防水です。防水を建物の施す防水工事には、シート防水やアスファルト防水、塗膜防水など様々な種類があり、用途に応じて適した工法で施工されています。今回はその中でも、細かい作業が必要となる屋根やベランダ、歩行が可能な場所の防水に最適な塗膜防水のひとつ「ウレタン塗膜防水」についてご紹介したいと思います!

続きを読む

完全オーダーメイド「浴室在来工法」は防水工事が重要!

家は、いくつかの防水機能によって建材や構造を守っています。雨風に晒される屋根や外壁、またバルコニーは特に防水性が重要です。しかし、防水が必要なのは外回りだけではありません。室内でも防水効果が求められる部分がありますが、その中でも特に浴室の防水はしっかりしたものでなければいけません。そこで今回は「浴室在来工法」に注目して浴室の防水について取り上げたいと思います。

続きを読む