一般的に普及している雨樋は、塩化ビニール樹脂か合成樹脂でできています。紫外線などによる劣化などで、耐久年数は約20年です。美観性の向上や保護は、雨樋の外側を塗装することで解決できます。勾配が取られていない場所などには、ゴミが溜まっていたり、草が生えているケースも多いです。だだし、美観の問題だけなら塗装工事だけで効果がありますが、歪みや割れは塗装や清掃では解決できないので、そういう修繕と言う意味では樋の交換をしなければなりません。

続きを読む