エクステリアにおける植栽の役割とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

エクステリアといえば木や花といった植栽をイメージされる方も多いのではないでしょうか。その一方で、植木には興味がない、面倒だから植えなくてもいいという方もおられます。しかし植栽の役割を知ると、興味を抱くかもしれません。そこで今回はエクステリアにおける植栽の役割について見てみましょう!

・目隠しや防犯の役割

エクステリア商品の中には、目隠しや防犯に役立つフェンスや塀といった商品がありますが、植栽もその役割を果たしてくれます。植栽はフェンスなどの無機質な物と違い、やわらかい印象を与えてくれます。しかも、植栽による目隠しであれば、周りの環境や季節に合わせて、植物の種類を変えたり間隔を調整して植えたり、高さを調整することも出来ます。

・エコ住宅の手助け

植木の種類と建物のバランスに合わせて植栽を設けることで、夏は涼しく、冬は暖かいエコ住宅の手助けをしてくれます。例えば、南面の窓の近くに落葉樹を植えることで、日差しが強くなる春から夏にかけては葉が茂るので、木陰が出来て室内を涼しく保ってくれます。

逆に秋から冬にかけては、葉が落ちるので日差しが室内に入るようになり温かさを保ってくれるのです。また、ツル科の植物も夏の日差しを自然のカーテンで遮ってくれます。このように、季節や建物や窓の位置に合わせた植栽をすることで、冷暖房費のかからないエコな住宅作りに貢献します。個人のエコは環境保護の点でも役に立ちます。

・デザインを楽しむ

植栽のあるエクステリアは、家によって表情が変わります。同じように育つ木や花はないので、その家だけのオリジナルのエクステリアを楽しむことが出来るでしょう。建物のテイストに合わせた花や木を選ぶことで、一層オシャレな家を演出してくれます。また、個人としてだけでなく植栽は街の景観づくりにも貢献してくれます。

・緑から心の安らぎを得る

植栽の緑には、「緑色効果」といって、心を落ち着かせたり和ませたりする効果があります。室内から見える位置に緑を植えることで、癒しを得られる空間にすることが出来るかもしれません。また、季節に応じた植物を楽しむことや、ハーブや花から香りによる癒しを得ることも出来ます。きっと、そこに住む人だけでなく家の前を通る近所の人にとっても安らぎを得られる空間となることでしょう。

・収穫を楽しむ

植木の中には収穫を楽しめるものもあります。畑を持っていなくても、自分の家の敷地でちょっとした野菜や木の実を季節に応じて収穫する楽しみを得られるかもしれません。建物には直接関係のない植栽かもしれませんが、自家菜園を持ちたいと思う方は、エクステリアを検討する際にプランナーにそのことをぜひ相談してみてください。日当たりがよく、肥料を撒けるような菜園スペースを確保したプランを提案してくれるかもしれません。

・まとめ

いくつかの役割をみてきましたが、植栽のイメージが変わったでしょうか?植栽はそこに住む人を楽しませるだけでなく、地域の景観を保つ役割をしますし、防犯面でも役に立ちます。

自然のカーテンとして太陽光を遮断し、エコ住宅を作る助けもしてくれます。得られる効果を期待して、植栽をエクステリアに採用するのはいかがでしょうか?

その際には、目的に応じた植木選びや建物とのバランスなどのプランが重要ですし、植栽の世話や手間も関係してくるのでエクステリアのプロに相談してみるのも良いかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。