雨の日に外壁塗装をすると後悔する?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

雨の日には外壁塗装を避けるべきだというのを、よく耳にするのではないでしょうか?雨の日に外壁塗装をする会社は悪徳会社とさえ言われます。しかし、雨に強い外壁用塗料もあるはずなのに、と思いませんか?なぜ雨の日の外壁塗装を避けるべきなのでしょうか?

・雨の日の塗装を避けるべきなのはナゼ?

まず基本的な事として、雨に打たれながらの作業は大変ですし危険を伴います。雨の日は作業の効率も断然下がります。その点に加え、大きな問題として雨は塗料そのものにも影響を与え、仕上がりまで変わってしまうため避ける必要があります。
例えば、塗装中の塗料に雨水が入ってしまえば塗料は薄まってしまいます。薄まってしまうなら塗料それぞれの良い特性を発揮できなくなります。また、塗った外壁が乾かないうちに雨で塗れてしまうと雨だれや水玉模様が残る場合もあります。時には塗料自体が雨と共に流されてしまう場合さえあるのです。
では雨に濡れなければ問題ないのでしょうか?実はそうではありません。大抵の塗料には気温5℃以下、湿度85%以上の時には塗装を避けるようにという注意が記載されています。雨の日の湿度は80%を超える場合が多いので、塗装に適した湿度ではなくなってしまうのです。雨に当たらない場所でも、雨の日によって湿度が高くなることにより塗料の品質に影響を与え、塗膜の形成不良を起こしてしまいます。また湿度が高いということは、塗装の乾きも遅くなるので、時間がかかるうえに仕上がりも悪くなります。塗装後すぐに問題が無い場合でも耐用年数は短くなり剥離やひび割れ部が生じたり白化白濁が表れてしまいます。せっかく塗装しても後悔の残る仕上がりを生み出していまうのです。

・雨の日に塗装する業者がいるのはナゼ?

雨の日に塗装することで塗料の品質を下げ、仕上がりに影響を及ぼすことを考えると、雨の日の塗装を避けることは当然だと言えるでしょう。では、雨の日に塗装を行う業者がいるのはなぜでしょうか?それは、雨の日に塗装を行わないことでデメリットも生じるからです。例えば、予定していた時に雨が降れば勿論工期は延びてしまいます。雨で工期が延びると、足場などの設備の延長料がかかったり、工期に間に合わせるため作業者を増やして人件費が上がったりするために、雨の日に無理矢理塗装して終わらせようとする業者もあります。塗装後すぐに不具合がでなければ、問題ないと指摘が無いのを良い事に決行するのです。
しかし、このデメリットはお客側にふりかかることもあります。悪徳でなくても塗装会社によっては雨によって生じた追加料金をお客さんに要求する場合もあるからです。塗装工事の契約の際には雨の日の追加料金について確認しておきましょう。

・塗装の時期を考える!

雨の日に無理矢理工事されないためにも、また追加料金を払わなくていいように、塗装工事を依頼する時期を考える必要があります。確実に雨の日を避けて工程を組むことは出来ませんが、少なくとも雨の多い梅雨時期は避けるようにしましょう。
また雨の日にも外壁塗装に付属することは行えます。例えば足場の設置や高圧洗浄は行えるもしれません。最近は雨の日に塗れる塗料も開発されています。外壁塗装を依頼する際には雨の日の対策や工程など契約前に確認しておくことは賢明です。

・まとめ

雨の日にも外壁塗装はできますし、行っている会社もあります。しかし、最善の仕上がりや今後の耐久性を考えると、雨の日の外壁塗装は避けるべきです。梅雨時期など、雨が多いと分かっている時期の外壁塗装は避けましょう。塗装会社で徹底しているところも多いですが、もし依頼した会社が雨が降ってきても塗装を行っているようであれば雨が降ってきたら中断してもらうようすることでトラブルを避け、美しい仕上がりを手に入れることが出来ます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。