初心者でも塗りやすい!?アクリル系塗料の特徴と塗り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

塗料には様々な種類がありますが、その中でも一般的に外壁塗装で利用されるものは、アクリルやウレタン、シリコン、フッ素などです。塗料の種類によって、金額も耐久性も塗り方も異なります。今回はアクリル塗料の特徴や塗り方について取り上げたいと思います。


・アクリル系塗料の特徴

塗り方を知るためには、まずはその塗料の特徴を知っておく必要があります。アクリル系塗料は、塗料の中で安価な事が大きな魅力となっています。発色が良い塗料で高温でも変色しにくく独特な艶や滑らかさから、鮮やかさを強調したい建物やデザイン性を活かすために用いられています。しかし、紫外線に弱く湿気を通しやすいことから汚れやすく耐久性に劣るというデメリットがあり、最近は外壁や屋根塗装に使われることは少なく、プラモデル等に使われることが多くなっています。耐久年数は5~8年と、10年以上の耐久年数をもつフッ素系塗料やシリコン塗料に比べると短いですが、費用が安いので、良く塗り替える場所や一時的なディスプレイの為の塗装などに用いられています。新築の場合は、建築後の木の変化を想定して、あえて塗り替えることを前提でアクリル系塗料を採用している場合もあります。

・アクリル系塗料は誰にでも塗りやすい

一般的な外壁材であるモルタルやサイディング、コンクリート、トタンなどのほとんどのものに塗ることができます。アクリル系塗料は絵具のような塗りやすさや重ね塗りができ、失敗が少ないという特性から、室内の壁や家具を含めDIY用にも人気があります。アクリル系塗料のほとんどは1液型の塗料なので塗装をする場合に硬化剤を入れる必要はありません。水分や溶剤が抜けると樹脂同士が結合して塗膜になり自然乾燥で硬化する塗料です。硬化不良を起こしにくいのも、初心者が挑戦しやすい塗料として人気を集めています。

 

・塗り替えの場合は注意が必要

塗り替えでよく使われるアクリル系塗料は単層弾力塗料といわれ、粘度の高い状態で厚みをつけて塗らなければ、ひび割れが起きます。また、アクリル系塗料のなかでも、強溶剤のアクリル樹脂塗料などは、旧塗膜が水性塗料で塗ってあると溶剤によって溶かしてしまい、塗装面に縮れや剥離が出てしまうことがあります。下地の正しい処理が必要になります。初心者でも使いやすい塗料とはいえ、外壁に塗るとなると特徴を把握している塗装のプロでなければ耐用年数をさらに短くしかねません。

・まとめ

一昔前は主流だったアクリル系塗料ですが、最近は耐久年数が短いため外壁塗装にはあまり使われていません。それでも、アクリル系塗料は安価なので、とにかく費用を抑えつつもまめに塗り替えたいという方にはおススメです。また、DIYをする方や初心者の方には、重ね塗りもでき、発色が良く艶があるため使いやすい塗料として人気があります。最近はシリコン含有タイプのアクリル系塗料もあり、耐用年数も伸びています。塗装会社が塗り替えの際に勧めることが減った塗料ではありますが、費用や塗る場所によってはメリットとなる塗料のひとつです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。