塗装後の壁にざらつきを感じる!?ざらつきの原因は何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スコッタ仕上げやリシン仕上げなど表面をあえてザラザラした仕上がりにする外壁塗装の方法があります。しかし、そんな仕上げにしたわけでもないのに、外壁の表面を手で触るとざらつきを感じることがあります。そのざらつき、実は外壁にトラブルが生じているサインだったりします!塗装の表面に出るざらつきの原因は何でしょうか?

・ざらつきが起きる原因とは?

意図して凹凸のある仕上げにしていないにもかかわらず、外壁の塗装後にざらつきがみられることには、いくつかの原因が考えられます。

■塗装の劣化が原因

外壁に塗った塗膜は、紫外線や雨に晒され続けると表面のコーティングが弱ってきます。コーティングの強度が落ちると、次第に塗装のツヤが失われ色褪せが起こり表面にざらつきが出始めます。前回の塗装から何年も経っていてざらつきが出始めたのであれば、塗装が劣化してきたというサインです!そろそろ塗り替え時期です。塗り替えで本来のコーティングの力を取り戻し外壁の強度をあげましょう。

■施工不良が原因

塗料にはそれぞれメーカーで定められた配合や温度があります。その手順を守らずに施工をすると塗装の剥がれや膨れ、気泡ができてしまい、ざらつきの原因となってしまいます。例えば、メーカーで定められた配合を守らなかったり、雨の日に塗装を行い、定められた温度や湿度内で塗装を行えていなかったり、十分に乾燥しなければいけないのを無視して半渇きの状態で塗装したことが原因かもしれません。または、塗装箇所についていた細かい砂やサビなどの汚れをしっかり洗浄して取り除いていなければ、塗装後に表面にそれらの汚れが浮き出てきてざらつきが出てしまいます。
ですから、正しい施工を行う塗装業者であれば、これらの問題は防げるはずです。工程や塗料の正確な知識がある業者かどうか、しっかりと見極めるようにしましょう。

・ざらつきを放っておいてはいけない!?

原因が劣化であれ、施工不良であれ、そのざらつきは外壁の強度が弱っている状態であるサインです。塗り替えを検討した方が良いでしょう。ざらつきがあると、さらにコケやカビが発生しやすくなります。それらは表面の美観を損なうだけでなく、根をはって塗装の内部まで侵食し強度を弱めていきます。この問題はスタッコ仕上げやリシン仕上げなど、あえてざらつきを出した仕上げの場合にも当てはまります。ざらつきの無い仕上げより、コケやカビが発生しやすい仕上げですので注意が必要です。

・まとめ

外壁にざらつきを感じるようになったら、それは外壁トラブルが起きているサインです!塗装の劣化かもしれませんし、施工不良が原因かもしれません。施工不良を生じさせないためには、塗装に関する知識をある程度身につけたうえで賢い業者選びが肝心になります。また、前回の塗装から既に何年も経っているのであれば塗り替えを検討してください。どちらの場合にせよ、ざらつきを放っておくことは外壁の強度を落とし、さらなる劣化をまねきます。外壁にざらつきがないかチェックして、今の家の状態を定期的に知るようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。