塗装の最大の敵「紫外線」から受ける劣化のメカニズム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

塗料の種類、強度、耐用年数などは様々ですが、どんな塗料でも残念ながら劣化します。塗装の劣化「経年劣化」が起こる原因、メカニズムを見てみましょう!


・劣化の原因となるもの

劣化には原因がいくつかあります。そして、大抵の場合その原因のいくつかが重なっています。塗装が劣化する要因は、光・熱・水です。その点、外気に晒されている外壁の劣化の原因は自然界からの要素が大きく、太陽光による紫外線や風雨による酸性雨や湿度、飛散物による接触の影響、また気温が考えられます。この中でも、一番の原因と言えるのは紫外線です。

・紫外線から劣化が起こるメカニズム

塗装されたばかりの通常光沢がある表面は、紫外線に晒されているうちに劣化が進み徐々に光沢が損なわれてきます。この現象が起こる理由は、紫外線によって塗装表面が破壊され凹凸が出来てしまうため、光沢を生み出していた光の反射を均一に出来なってしまうからです。この劣化は表面の光沢の損失だけでは終わりません。表面の塗膜から内部の層にまで徐々に進んでいき、顔料の離脱が起こります。これが、外壁を触った時に白い粉が手につくチョーキングと呼ばれる症状になるのです。粉状になってしまうと、雨風に晒される度に流されてしまい、この繰り返しで塗膜がもつ本来の厚みがどんどん薄くなっていきます。そして、劣化を放っておくと塗膜自体が無くなるという状況になるのです。

・経年劣化で塗装の役割が低下する

塗装は色や模様、光沢といったデザイン性を兼ね備えた「美観」以外にも外壁としての「機能」や外壁や建物の「保護」という役割を担っています。建物の一番外面で守っているわけですから、塗装が劣化すると、それと同時に機能や保護の力が低下していくことになります。例えば、機能には遮熱性や撥水性などがありますし、保護という点では建物の防水や防腐の役割を果たしているので劣化と共にこれらの力が低くなっていくというわけです。塗膜の役割が低下すると、雨の影響を受け初めます。例えば、塗膜を通して雨が下地に染み込むことがあります。下地がモルタルの場合は、水を含むことでモルタル自体の劣化にも繋がります。構造体まで雨や湿気に晒されると木を腐らせたり、鉄骨であれば錆の原因となってしまい、建物全体の劣化に繋がってしまうのです。この点を考えると、外壁の塗り替えは単純に美観が悪くなってきたからだけではなく、建物の保護力が低下しているかという基準で考えていく必要があるのを理解できるのではないでしょうか。

・まとめ

外気にさらされている塗装の劣化は実は塗膜形成時から始まっています。雨や気温が原因になりますが、最大の原因は紫外線です。紫外線の影響により塗膜が徐々に破壊されることで、劣化が進みます。劣化のメカニズムやそこから受ける影響を知っていれば劣化に対する耐久性の高い塗料選びに効果的です。また塗り替えのタイミングを知る点で美観の問題だけでなく、チョーキングなどの症状を見逃さずに気を付けるようになるはずです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。