塗装の欠陥?!塗膜剥離やチョーキング現象の原因は何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

塗膜を見ると施工方法や施工環境、建物の状態が分かります。塗装して何年後かに分かることもあれば、塗装工事中に気づくような塗膜不良の症状が起こることもあります。塗膜不良のサインともいえる、症状や原因にはどのようなものがあるのでしょうか?

・塗膜不良の症状と原因

■塗膜剥離
壁に密着すべき塗料が、付着力を失い、皮のようにめくれポロポロと剥がれ落ちてしまう状態のことを塗膜剥離と言います。原因として考えられる点には、塗装前の処理が影響しているかもしれません。例えば、劣化や塩害によって発生していた錆や壁に付着していた飛散物などのホコリをしっかり落とせていなければ、塗装の内側から膨れ塗装がめくれあがり剥離してしまいます。下地の処理という点では、旧塗膜が十分に密着していない場合は、その上から塗装することで、下になった塗膜から剥離を起こしてしまうので、まずは、はげやすい旧塗膜をはがしたうえで塗装しなければいけません。また、塗装設計を守らず上塗りと相性の悪い塗料を下塗りに使用してしまうと、互いに密着できず剥離の原因となります。これらの原因は、正しい施工ができる業者であれば防げる問題なので、塗装業者選びが重要です。

■チョーキング
塗装の表面が光沢を失い、粉状に白っぽくなる現象のことをチョーキングと言います。チョーキング現象が起きていると、手で外壁を触った時にチョークのような白い粉が手にうつるようになります。チョーキング現象は、劣化が原因で起こります。塗料の耐久年数を超えてしまったという場合もありますが、劣化によるチョーキング現象は、熱や雨風、紫外線によって塗膜が老化することによって起こるので、立地条件によって劣化が早まる場合もあります。劣化に対する耐久性の高い塗料を選ぶことによって、劣化を低減させることが出来ます。

■塗膜のもどり
一度乾燥したはずの塗面が再び軟化して塗膜のもどりを起こすことがあります。これは、下塗りの乾燥が不十分なまま上塗りをしたことが原因と考えられます。乾燥時間をしっかりとれていなかったり、雨の日の湿度が高い状態で上塗りを行ってしまうと、乾燥が不十分になります。

■乾燥不良
塗装後も表面がべたつき乾燥しない乾燥不良が起きることがあります。これは、雨の日や極端に寒い日で気温が低く、湿度が高いことが原因かもしれません。大抵の塗料で注意されているように、気温5℃以下、湿度85%以上の場合は塗装を避けるようにすべきです。また、通風、換気が悪い場所であればシンナーの蒸発が遅いために乾燥不良が起こります。他にも下地に水分、油分が残っている場合も原因となりますので、下地調整をしっかり行っておく必要があります。

・まとめ

塗膜剥離やチョーキングなど上記であげた症状以外にも塗装後の様々な症状が塗膜の欠陥のサインとなる場合があります。色や光沢、塗膜の形状に欠陥が表れることもあります。症状だけでなく原因もしっかり把握しておくことで、良い施工業者選びや、塗り替えのタイミングを知る事、塗装の欠陥防止、欠陥を繰り返さないことにつなげられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。