外壁塗装のベストシーズンは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。外壁塗装のベストシーズンは春と秋が最適ですね。
これは塗装業界の定型文みたいなものでしょう。
ではなぜ春と秋がベストと言われているのかご存じですか?
お正月はバタバタ、お盆でバタバタしているお家の行事だけが原因ではありません。

塗装工事で一番大切なことは、施工時の気温と間隔

下地塗装と上塗りを2回塗装するのが一般的なの塗装材料です。
各塗料メーカーさんの標準施工仕様書には塗装を下塗りも入れて3回行う上で、
次の工程に進むのに適した施工間隔時間が記載されています。

  施工間隔の記載の例

この施工間隔は基本的に施工時の気温が25°Cの時を標準としています。
25°Cを下回る場合は記載されている時間より間隔をあけないといけません。

また5°C以下での施工は斑の原因になるので、冬場の塗装は山間部など土地によって、気温が夕方から急に冷え込んで5℃を下回るところがあり、凍てつく可能性があるので、午後2時か3時頃に工事を終わらせないといけません。

梅雨の時期も雨が多く作業が進みません。雨の日はもちろん工事できませんし、雨が上がった次の日も湿度85%以上なら作業はできません。また窓を養生していると窓を開けられない期間が長く続くため、エアコンをつけるにはまだ早く、窓を開けて丁度いい季節には、生活される方のストレスになります。

冬場や梅雨時期に外壁塗装、屋根塗装、ベランダ防水工事をされる場合、工期が3週間から4週間かかる場合があります。

以上の理由から、塗装のベストシーズンはいつ?と聞かれると
3月から6月の春と8月から11月の秋が最適です。とお答えしています。
生活される方にもストレスが少なく、お天気がよければ工事が順調に進みます。
ベストシーズンに工事される場合は2週間くらいで工事完了できます。

ベストシーズン以外で塗装工事はダメ?

塗装工事で一番大切なことは、施工時の気温と間隔なので、関西にお住まいの方なら
春と秋以外も塗装工事はできます!

冬、冷え込みの厳しい日本海側でなければ昼間に作業することはできます。
施工間隔をあけなければならず、1日1作業しか進まない為、工期が春や秋に比べ延びる可能性はありますが、寒くて窓を開けたいと思うこともあまりないと思いますので、窓を開けられないストレスも洗濯ものを外に干せないストレスも比較的ないように感じます。
また職人も比較的落ち着いて作業するため施工写真をたくさん撮ってくれていたり、いつもよりより丁寧なように思います。

また夏場は足場を建てると養生シートが日よけになり「なんか最近家の中涼しいわ。」というお声を頂戴することもあります。エアコンを使うのが当然の夏なら足場があってもストレスにもなりにくいのではないでしょうか?乾燥も早いので思ったより早く工事が終わることもあります。

ベストシーズン以外でも塗装工事はもちろんできます!

いつが塗装に最適な時期かはご家庭や会社や店舗だと繁忙期等の都合などもあるので
春と秋にこだわり過ぎず、施工業者といまから工事すると工期はどのくらいか、どういうことが生活に支障がでるのかよく話を聞いて納得いく時期に施工してもらいましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。