何年も寄り添う大切なカラー お家の色選びの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

外壁リフォームの楽しみでもあり難しくもあるのが「色選び」。
家のデザインや周辺環境、町並みとの調和も踏まえて考えると、家には似合う色と似あわない色があります。
仕上がりに後悔しない色の選び方を学んでおきましょう。

【鮮やかさと明度が低めのものを選ぶ】

サンプルから色選びをするときのポイントは、イメージしている色より鮮やかさと明度を下げて選ぶこと。面積の小さいサンプルで選んだ色を、大きな壁面で見ると数倍明るく鮮やかに感じます。
彩度の高いカラーは色褪せしやすいデメリットも。
家に個性を持たせるため、彩度の高い色(鮮やか・ビビット色)を検討する人も多いのではないでしょうか。彩度の高い色は、華やかな雰囲気を演出する反面、色褪せしやすいデメリットがあります。長期間色褪せを防ぎたい場合は、彩度の低い色を塗装した方が安心です。
大きめの塗り板サンプルを作ってもらうと、実際に近いイメージを持つことができます。

【同じ色でも室外と室内では見え方や雰囲気が変わってくる】

色は光源によって見え方が変わります。
たとえば、太陽光の下では同じ色に見える二つの色を、蛍光灯の下で見ると違う色に見えたりします。蛍光灯の下では白く見えていた色が、白熱灯の下では少し黄色がかって見えたりしますよね。
つまり、光源が太陽光か蛍光灯かによって、色の感じ方が全く違います。
外壁の色を考えるときは、室内ではなく実際に表に出てみて選ぶことも大切ですね。

 

    室内と屋内では色の見え方が違う

太陽の下と蛍光灯の下では同じ色でも違う色に見える

________________________________________

【イメージを膨らませるには町を歩いて具体例を見て回る】

「どんな家にしたいか」というイメージのヒントを集めるために、リフォーム会社に施工事例の写真をを見せてもらうこともひとつの手ではありますが、町を散策してみるのもおすすめです。実際に家を見て回ると、自分がどんな家にしたいのかを改めて知るきっかけにもなります。

 周辺環境をよく観察

 まわりに建つ家のことも考えて色決めしましょう

________________________________________

【具体的なデザインを考える】

色のイメージが決まったら今度はデザインです。
1階と2階の色を分けた2トーンか、一色で統一するのか。また、雰囲気はキュート、モダン、スタイリッシュなどなど、デザインのイメージを固めていきます。

また、レンガやタイル、ドアなどの元のまま色が変わらない部位との色の調和も考慮しましょう。

イメージを固めよう

色やおおまかなイメージを家族で話し合いましょう

________________________________________

【純白と漆黒は避けるべき?】

どんな色を選んでも年数が経てば劣化や汚れはつきもの。ですが、なるべく汚れが目立ちにくい色を選んでおくのもポイントです。

ほんの少し汚れがついただけでも目立ってしまうのが、真っ白や真っ黒です。
白の場合は明度を抑えたオフホワイト系などが良いでしょう。
また黒の場合はグレー系にすると汚れの目立ちが緩和されます。

    純白・漆黒には注意です

________________________________________

まとめ 

●色見本は屋外でチェック
●色を変えられない部位との相性や近隣住宅との調和に考慮
●汚れや色褪せを緩和するカラーがおすすめ

以上、外壁塗装を考える際は参考にしてみてはいかがでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。