トイレリフォーム するならタンクレス?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

トイレは、「清掃のしやすさ」「節水」「快適性」など、ひと昔前と比べるとかなり進化していますよね。
現在、温水洗浄便座の家庭への普及率が80%にも達しているそうです。
我が国ではトイレの快適さは重要と考えている人がとっても多いのですね。実際、リフォームしたい箇所でも、トイレを優先する人が多いみたいです。

トイレは大きく2つにわけて「タンクあり」と「タンクレス」があります。リフォームする際は、先ずこのどちらにするかを決めましょう。

ちなみに「タンクあり」とは、タンク+便器+便座を組み合わせた従来のものです。

 

一方「タンクレス」とは、その名の通りタンクがないタイプのトイレです。

 

最近は見た目がスッキリするタンクレスに交換したい人が多いようですね。
では、タンクレストイレのメリットやデメリットを見ていきましょう!

 

タンクレストイレのメリット

【連続で水を流せる】
機能的メリットとしては、水道直結なので水を連続で流せることですね。
タンクに水が溜まるのを待つ必要がありませんから。
タンクありのトイレの場合、それぞれ差はあるものの、タンクに水が溜まるまでの時間は1分前後です。
朝の忙しい時間、家族が立て続けに入る時などは特に有難いですよね。

 

【広くなる】
何せタンクが無いぶんスッキリしてレストルームが広くなります。
タンクの圧迫感は結構あるのもです。あると無しとでは全然ちがいます。
コンパクトになり見た目もスッキリしますね。

 

【掃除がしやすい】
形がスッキリとコンパクトなので掃除がしやすいですね。

タンクレストイレのデメリット

【手洗いが別に必要】
タンクレストイレでは、手洗いがついていません。
手洗い付きのタンク式トイレを利用してきた方は、この点を不便に感じるかも。
それにトイレの広さによっては手洗いが設置できない場合もあります。せっかくタンクレスにして広くしたのに、手洗い器を設置することで狭く使いづらくなってしまったら、あまり意味がないですもんね。
手洗いカウンターをつけることが出来ないトイレや、洗面所がトイレから遠い間取りなら注意しないといけないですね。

________________________________________

手洗いがデメリットと言えばそうかもしれないですが、最近はタンクありでも手洗いを別に分ける人もいます。
タンク上の手洗いは子供さんには届かなかったり、タンク周りが汚れやすくて困る…などの理由から、タンクレス、タンクありにかかわらず、手洗いは別でつけたい方も増えているみたいですね。
手洗いはコンパクトなものになっちゃいますが、種類が豊富なので、こだわりのトイレインテリアを楽しむこともできますよね。

________________________________________

 

【水圧が低いと設置できない】
タンクレスの場合、タンクに貯めずに直接水を流すので、水圧が低いと使えない場合があります。マンションや戸建ての2階以上に設置する場合は、水圧不足で設置できない事があります。最低水圧は機種によっても異なるので、事前に確認が必要ですね。

ただ、最近では、水圧の弱さを補うブースターや、小さいタンクを内蔵しているものなど、水圧対策が進んできていて、低水圧でも設置できる場合もあるので確認して下さいね。

【停電時は使いづらい】
タンクレストイレは、電気を使って水を流す仕組みになっています。
手動レバーや電池式操作など、機種によって停電時に水を流すための対策はされているので、断水にならない限り使用することは可能です。
ただし基本的に、停電時にはバケツなどに水を溜めて流さないといけないので、不便に感じるかも知れませんね。とは言うものの、最近は停電も滅多と起こりませんが・・・

【温水洗浄便座だけの交換ができない】
タンクレストイレは、温水洗浄便座一体型のデザインです。
新型の温水洗浄便座が出ても、それだけを交換はできないんです。
温水便座部分だけの故障でも、便座だけを購入して交換することが難しいのでメーカーメンテナンスに修理依頼しないといけないですね。
タイミングによっては修理が遅くなってしまったり、料金も高くついてしまうこともあります。
________________________________________

いかがでしたか?

トイレが広くなり、掃除がしやすく見た目もスッキリするタンクレストイレ。
水圧や手洗いのスペースさえクリアできればなんの問題もないどころか、とってもいいかもしれませんね。
こだわりの設置したい手洗い器がある場合は、必要寸法をしっかり確認して下さいね!

まずは費用を抑えて、これからのライフスタイルに合わせて機能を考えたいという方には従来型のタンクありトイレがいいかも知れないですね。
リフォームを考えている方に参考にしていただければ幸いです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。