内窓 窓につけるもうひとつの窓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

内窓とは

もともとある窓枠を利用し、既存の窓の室内側につけるもう一つの窓です。

取り付けると、空気層による「断熱」「結露対策」「防音」「防犯」などの効果が期待できます。

 内窓の素材は主に樹脂が使われています。樹脂は、一般的な既存のサッシに使われているアルミ素材と比較すると、熱伝導率が1000分の1と低いので、とても断熱効果に優れています。それに加えて、既存窓と内窓の間にできる空気層で、熱の流入出を防ぎ、室内を快適に保つことができるんです。

断熱性が低いアルミサッシだと結露しやすいことは多くの人が体験していると思います。内窓をつけると空気層によって外気と内気の温度差を解消し、結露の防止にもなります。結露はカビやダニの発生原因にもなっているので、これらの予防にもつながりますね!

そして防音の効果もあります。取り付けるガラスによってはかなりの防音効果が得られるので、幹線道路沿いの住宅などにはもってこいですね。

また、窓が二重になるということで防犯性能も高くなります。内窓に合わせガラスなどの防犯ガラスを使えば、防犯効果がより高くなります!

内窓リフォーム,快適,低価格

今、内窓が人気の理由

人気の理由は上記でも述べたように、結露や防音、防犯、断熱効果でエアコンの効きがよくなり省エネ効果がアップするなど、メリットが多いことです。

マンションでは、もともとの窓は管理組合が管理する「共用部」なので、これをリフォームすることは出来ません。ですが内窓は室内側なので、個人でリフォームできる「専用部」になります。

また、浴室やトイレの窓にも対応した商品も出ています。窓からの冷気を抑えることで、冬の浴室も冷え切らず心地よい空間になり、また家庭内での死亡事故原因に多い「ヒートショック」の抑制になりますね。

 

低予算で断熱リフォームをしたい人におすすめ!

もともとある窓の内側に取り付けるだけなので、大がかりな工事にならず、工事中も普段通りに生活できます。

また、窓は住まいの中で一番熱が出入りする場所なので、断熱リフォームは窓の断熱対策が重要なんです!

断熱効果が高くて、工事時間も短く、工事費用もお手頃なら是非やってみたいですよね。

内窓取付け,断熱効果

商品を選ぶ際のポイント

エアコン効率を上げて省エネ対策するならLow-E複層ガラスにする。より防音効果を高めたいなら厚いガラスを選ぶ。防犯対策を強化するなら防犯合わせガラスにしたり補助錠をつけるなど、お住まいで何を重要視しているかを踏まえて選びましょう。

また、各部屋に取付けるのであれば、部屋ごとのベストな仕様にしましょう。

 

以上を参考にしていただいて、快適な住まいづくりのお役に立てていただけたら幸いです(^^)

 

内装リフォーム、内窓取付け

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。