マンションリフォームの段取りは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

リフォームを思い立つと、あれもこれもと夢がふくらんで、ついつい前のめりがちになってしまいます。

 理想の実現はリフォームの醍醐味ですが、マンション管理組合の規約上、あるいは構造上の理由で、できないリフォームもあります。できることと、できないことを把握する為にも、しっかりと情報収集から始めましょう。

 また、集合住宅ならではのルールやマナーもきちんと知っておくことが大切です。

管理規約と使用細則の確認

 管理規約は、マンション住人みんなが快適に暮らす為に定めたルールです。その規約に基づき、詳細なルールを定めたものが使用細則です。

 これらはマンションごとに決まりがあり、専用部分の範囲や使用する素材など、細かい規定があります。自分のマンションがどういう規定になっているのか、事前に調べて、リフォームできる範囲も知っておきましょう。

 マンションには、共用部と専有部があり、リフォームできるのは専有部だけです。どこまでが専有部なのかをきちんと把握しておきましょう。

 

共用部

 マンション全体のものなのでリフォームはNG!バルコニーや、玄関ドアや窓ガラス、サッシの外側など外に接している部分。室内にあっても、パイプスペースは上下階を通っている排水管やガス管があるため、共用部となります。

 

【専有部】

 室内に接している部分。個人所有の部分なのでリフォームOK!

 

管理組合への申請

 マンションリフォームは事前に管理組合に申請し、許可を得ておかなければなりません。所定の書式があればそれをもらい、指定された書類を準備しましょう。一般的には工事の工程表やリフォーム内容、工事個所の図面等が必要になりますが、これらは施工会社に準備してもらいます。

 また、近隣住人の方の承諾書を求められることもあります。その場合は自分で訪問し、説明して承認を得ましょう。書類の準備は予想以上に日数を要することがあるので、早めに準備を始めましょう。管理規約を遵守していれば、特に問題は無いと言えるでしょう。

 

要注意のリフォーム

《床材の変更》

 カーペットや畳から、フローリングへのリフォームは要注意です。フローリングの方が下階に音が響きやすいので、管理規約で制限している場合があります。

 また、変更が許可されていても、遮音性が定められている場合があります。遮音性(L値)は数値によって等級化されており、この値が小さいほど遮音性が高くなります。

 フローリング材はこの値に準じた防音タイプがあるので、材料の等級が規約で定められている場合はそれに従います。規定はなくても、物を落としてもうるさく感じない程度(L-45~L50)のフローリング材をおすすめします。

 

《電気とガス》

 床暖房やIHクッキングヒーターにしたいと考えている方も多いと思います。

 しかし、マンションでは建物全体の電気容量が決まっているので、各室均等に振り分けられるようになっています。ですので、1軒だけ容量を増やすのは困難です。

 まず、管理組合に相談してみましょう。たいていの場合は個別の増量は認めていないので、現状の容量でできる範囲のリフォームを考える方が良いでしょう。

 

まとめ

 =マンションリフォーム前の一般的な流れ=

 

管理組合に所定の工事申請書をもらう

②工事会社に工程表や工事内容、図面などの指定の書類を依頼して揃える

③管理組合に書類を提出

④管理組合の許可が下りたら、工事会社に連絡

⑤工事会社は詳しい工程表を、再度管理組合に提出

⑥工事開始

 

 

 

 

マンションリフォーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。