地震対策の3工法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

皆さんご存知のことですが、日本は巨大地震が非常に発生しやすい環境にあります。
そのため日本では家を建てる時に必ず耐震などの地震対策を考えないといけません。
各ハウスメーカーも様々な地震対策技術を開発し、それを強くアピールしています。

 

住宅の地震対策は大きく分けて、「耐震」、「免震」、「制震」の3つの工法があります。
似たような意味に感じますが、地震対策なんだなという事はわかりますね。

地震に強い家を建てるためには、この3つそれぞれのメリット・デメリットを理解しておく方がいいと思いますので、一つずつ説明しますね。

 

【耐震技術】

耐震は体力壁を用い、揺れに対して耐える技術。
地震の力を建物そのもも今強度で耐えられるようにして、建物が倒壊しないようにする技術の事です。在来工法でよく使われる耐力壁や筋交いなどが耐震技術の代表的なものです。

耐震構造は建築基準法で厳格に義務付けられているため、全ての建物で必須の技術となっています。

 

デメリット

耐震は建物全体を堅く強固にして、地震の揺れを受け止めるため、建物自体の被害を避けることはできません。
なので、一度目の地震を持ちこたえたとしても、余震などで倒壊し二次災害を受ける危険があります。

 

 

【免震技術】

免震は、地震の揺れから「免れる」ようにする技術です。
地盤と建物の間に積層ゴムやベアリングといった免震装置を設置して、地震の揺れを建物に伝わらなくする技術です。
免震構造だと地震のエネルギーを10分の1くらいに低減できると言われており、地震対策としては非常に優れていますね。
建物内の揺れを抑えて家具の転倒などを防ぐこともできます。
また、建物自体が損傷を受けないので、余震にも強く二次災害の防止にもなります。

 

デメリット

地震の揺れ自体を減少するので効果は高いですが、コストが高く、リフォームで工事を行うのは現実的ではないです。
新築で建てる場合も、制震住宅に比べると数倍のコストがかかります。
また、強固な地盤であることが必須なので、軟弱地盤だと地盤改良が必要になり、さらにコストが高くなる可能性があります。

 

【制震技術】

制震は、免震と同じように地震の揺れを軽減できる技術です。
地震の揺れで最も損傷しやすい柱間や壁などの箇所に「ダンパー」などの制震装置を設置します。地震の揺れを一度建物の構造部分で受け止め、地震の運動エネルギーを熱エネルギーなど他のエネルギーに変換し、揺れを吸収して建物自体の揺れを和らげます。

免震に比べ、比較的手軽で低コストな方法です。一般的な住宅であれば50万円くらいの価格からできるようです。

制震も免震ほどではありませんが、地震の揺れを半分くらいに低減することがでるので、建物の損傷を抑え、余震などの二次災害にも比較的強い技術です。

 

デメリット

デメリットと言えば、免震よりは揺れを感じることでしょうか。

あと、制震装置であるダンパーはメーカーによって性能のバラつきがあります。
ダンパーには「ゴムダンパー」「オイルダンパー」「摩擦ダンパー」の3つに分けられ、大きな効力の差は無いものの、メーカーにより大きさや形が異なり、取り付ける数や施工性はかなり違いがあったりします。また、メーカーごとに実証実験を行っていて、各社がそれぞれ自社の制震技術の優位性を強くアピールしています。

 

いかがでしたか。

いま注目されているのは、コストや効果の面から制震技術のようですが・・・
ハウスメーカーによって、色々な特徴があって、強みと弱みがありますので、日本建築防災協会の技術評価など、信頼できる機関で検査を行っているかなど、しっかり商品をチェックして選ばないとなりませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。