照明のチカラでしっかり防犯

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
防犯照明

帰宅時間が遅いと、家の中も家まわりも真っ暗ではないですか?暗い家は空き巣に狙われやすくなってしまいます。照明をうまく使って、空き巣を近づけないようにしましょう。

人感センサー

人の出入りを感知して自動的に点灯・消灯するので、安全・安心・防犯に役立ちます。

必要な時だけパッと明かりが点くので、消し忘れの心配もありません。

荷物で手がいっぱいのときなども、人に反応してパッと点灯して便利です。

 

空き巣

センサー付き照明が不審者への警告に

 人が近づくとセンサーが反応して点灯する人感センサー付き照明は、玄関や勝手口、ガレージなどに設置していると便利ですね。あわせて、浴室の窓付近などにもセンサー付きの照明を設置すると防犯効果が大きくなります。

 なぜなら、そういった場所は人目につきにくく、空き巣の侵入口として狙われやすいからです。

 人感センサー付き照明を設置していれば、侵入しようとする不審者が近づいた場合に警告灯となり、侵入を阻止する防犯効果が期待できます。

 

明るい庭を演出するガーデンライトにも!

 暗くなりがちな庭には、ガーデンライトをいくつか設置するのがいいでしょう。明るい、人の気配を感じられる庭に演出することは、防犯対策のひとつになります。

 太陽光で電気を作れるソーラーライトなら、配線工事などが要らないので簡単に設置することができ、もちろん電気代も0円。手軽に庭に灯りを取り入れることができ、家族の足元を照らしてくれるのでオススメです。

ガーデンライト

タイマー付き照明を使えば 留守でも夜は明るい部屋に

 日が暮れても灯りがついていないお家は、一目で留守宅だとわかってしまいますよね。そういう家は空き巣の標的になってしまいます。部屋にはタイマー付き照明を取り入れて、暗くなる時間には灯りが点灯するように設定しておくと、家人が在宅していると思わせることができるでしょう。

 使い方も簡単で、例えば、19時~23時まで部屋の照明が点くようタイマー設定すれば、空き巣に「留守じゃない」と思わせることができます。

 

 照明器具自体にタイマー機能が付いているものに取り替えるのもよいですが、照明のスイッチにタイマー機能を取り付けることもできます。

 夜、留守にしがちなお宅には、灯りを上手に使って空き巣に狙われにくい家をつくりましょう。

家の照明

 

 

 

 

照明の工夫で防犯しよう

 夜、部屋の窓からこぼれる明かりは、真っ暗な家とは全く違います。タイマー機能付きのシーリングライトは女性の一人暮らしの防犯にも役立ちますよ。

 アパート・マンションで一人暮らしをしている女性が夜の帰宅時に後をつけられ、部屋に入った瞬間照明を点けると、どの部屋に住んでいるのか知られてしまいとても危険なのです。

 帰宅時間の前に点灯するようにタイマー設定しておけば、どの部屋に入ったかを特定されにくくなりますよ。照明を上手に使って防犯対策しておきましょう。

 

 

 

防犯照明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。