塗装に気温や湿度が関係するのはナゼ?ベストな時期は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

外壁塗装自体は季節関係なくいつでも施工できます。しかし、施工は出来ても塗料がもつベストな品質を発揮できるか、建物にとって問題ないかは別の話になります。外壁塗装の仕上がりや効果の発揮には気温や湿度が深く関係します。どのような注意が必要でしょうか?


・塗装と気温・湿度の関係

大抵の塗料には気温5℃以下、湿度85%以上の場合は塗装を避けるように注意されています。塗装に気温が関係するのは、塗料の乾きに影響するからです。気温が低く特に10℃以下になると塗料の乾燥は極端に悪くなります。乾燥が遅かったり湿度が高いと空気中の水分が塗面で凝縮してしまい、霧がかかったようなツヤのない仕上がりになることもあります。また、気温が低いと塗料の粘度が増粘するため、作業性を考えて希釈シンナーをさらに添加することがあります。そうなると、塗膜厚は薄くなり、塗料本来がもつ錆止めなどの効果が弱まってしまいます。塗料には塗料ごとにメーカーが定めた乾燥時間や下塗りと上塗りの感覚が決まっていますしベストな配合もあります。それらが守れなくなるということは、当然仕上がりの状態も悪くなりますし、耐久性や耐水性などの効果を十分発揮できなくなり質も悪くなるでしょう。


・湿度は低く気温は高くがベスト!

塗料に適した気候を考えると湿度は低く、温度が高い時期が塗装に向いています。湿度の低さでいうと冬、気温の高さでいうと夏がベストなので、真逆になります。そこで、両方のバランスを考えて春が塗装シーズンと言われます。気温は夏ほど高くはないため、乾きは早くはありませんが、湿度は低く塗料に影響を与えにくい時期です。また暑くないため、作業員にとっても快適な季節ですし、夏のように暑くないので匂い対策として窓を閉めきっていても問題ない季節といえます。
また、一日の作業においても気を付けなければいけないこともあります。日中の気温や湿度に問題がなく塗装を行えても、日没ギリギリまで塗ってしまうと夜にかけて気温が下がり、しっかり乾かないまま霜や霧に晒されることもあります。塗る事だけでなく、日没の2時間前ぐらいには作業を打ち切るなど乾燥の時間も踏まえて塗装を行わなければいけません。また湿度のことを考えると急な雨の際には塗装は中断しなければ仕上がりに不具合が生じます。
最近は様々な温度や湿度に対応した塗料、夏用塗料や冬用塗料、また速乾性のある塗料も出ており塗装できる時期の幅も広がっています。塗料の種類によっては、施主や業者の都合に合わせた時期に塗装できるかもしれません。

・まとめ

塗装を綺麗に仕上げられるか、耐久性や耐水性といった効果を発揮できるかは塗装を行う時の気温や湿度に大きく左右されます。十分な乾燥や工程を踏むためには、気温は高く湿度が低い時期に塗装を行うことがベストといえます。梅雨時期さえ避ければ、季節を問わず塗装に適した温度と湿度であれば施工は出来ますが、施主と業者にとってストレスが少ない春が塗装に人気の季節となっています。塗装に適した温度が保てる季節を選ぶか、塗料を賢く選択し美しい仕上がりと耐久性に優れた塗装を行って下さい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。