結露はなぜおきる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

冬場や梅雨時期の不快な結露…毎日窓を拭くのも一苦労ですよね。

結露は不快なだけの問題ではなく、住まいが傷む最大の要因が「結露」だと言われています。何も対策をしないままだと、実は恐ろしいものなんです。

「結露」はなぜ起こるのでしょう。

まず結露のもとになる「水蒸気」について。

湿度が高い、低いと言いますが、この場合の湿度とは「相対湿度」とよばれるもので、天気予報でよく言っているのもこの相対湿度のことです。

空気は温度によって含むことができる水蒸気の量があり、暖かい空気ほど多く水蒸気を含むことができます。その時々の温度で最大限含むことができる水蒸気の量を「飽和水蒸気量」といいます。「相対湿度」とはこの飽和水蒸気量に対して、実際に存在している水蒸気の割合のことをいいます。

 

結露発生のメカニズム

暖かい水蒸気を含んだ空気が冷やされ、「飽和水蒸気量」を超えると余分な水蒸気が水に変わります。これが結露の発生する仕組みで、冷たいコップの表面に水滴がつくのと同じ原理です。

水滴

一般的に温度が低いと結露がおこりやすくなりますが、水蒸気の量が少なければ結露はおこりません。逆に温度が高いと結露の発生は少なくなりますが、スチームサウナのような超多量な水蒸気があると結露します。

結露は温度と水蒸気の量のバランスで発生しています。

 

結露の種類

住まいの結露は「表面結露」と「内部結露」の2種類があります。

「ぜんそく」や「アレルギー」の原因にもなる表面結露

壁や天井の表面で発生するのが表面結露です。

これは水蒸気を含んだ暖かい空気が、温度の低い建材に触れることでおこります。

代表的なのが窓の曇りや水滴です。断熱の不十分な家では、窓だけでなく壁の表面でも発生します。特に温度の下がりやすいコーナー部や家具の裏側などは要注意です。

表面結露はカビやダニなどのトラブルの発生原因にもなります。カビの胞子、ダニの死骸やフンが、ぜんそくやアレルギーの原因になると言われているので、健康面にも影響を及ぼします。

カビが好む環境は2535℃で湿度は75%以上。カビは梅雨時期に発生すると思われていますが、現在の住宅は年間をとおしてカビが発生する条件が整っています。またカビは有機化合物でできた建材(塗料・ビニールクロス・合成皮革など)まで栄養源にします。なので、表面結露した空間はカビにはとっても快適なのです。

カビ

表面結露を防ぐには

冬場に車の窓ガラスが曇った際、ヒーターで暖めると曇りがとれますよね。それと同じ原理で、住宅の表面結露を防ぐポイントは、住宅全体の断熱性を高め、家の中に冷えた部分をつくらないことが肝心です。また室内の湿度をコントロールすることも重要なポイントです。そのためには結露しやすい窓には、複層ガラスなどの断熱性の高いタイプがおすすめです。また壁や天井に調湿材を使うと、室内の余分な湿気を吸ってくれるので、さらに結露抑制になります。

 

住まいを腐らせる内部結露

「内部結露」は壁(断熱材)の内部に水蒸気が発生することでおこります。

水蒸気は水蒸気圧の関係で、冬は屋内から屋外に、夏は屋外から屋内へ移動します。この時、温度低下によって飽和水蒸気量を超えるポイントがあると内部結露が発生します。

内部結露した状態が長引くと、柱や土台を腐らせる原因となります。 柱や土台が腐ると建物に必要な強度が失われ、大きな地震がくると倒壊する危険があります。

木材を腐らせるのが「木材腐朽菌」ですが、生育条件がそろうと短期間で木材の中まで侵入します。木材腐朽菌が繁殖するには、①酸素 ②適温 ③養分(木材に含まれるリグニン、セルロース) ④水分(含水率20%を超えると活動)、この4つの条件が全てそろう必要があります。現在の新築住宅は木材に防腐処理を施しているので、木材腐朽菌の活動を抑えることができています。しかし薬剤の効果も永久ではないので、根本的な対策は木材腐朽菌に必要な水分を絶つことしかありません。結露を防いで木材の含水率を抑えれば、家が長持ちすることは間違いないでしょう。

内部結露を防ぐには

内部結露を防ぐ手段は、壁の中に低温部分をつくらないこと。低温部分に水蒸気を入れないことです。水蒸気の分子は水滴の250万分の1と小さいので、多くの建材をとおり抜けてしまいます。水蒸気を通しやすい繊維系の断熱材は、しっかりと防湿材の施工をする必要があります。建物を気密・防湿化することで、水蒸気を壁の中に入れないことが重要です。

 

まとめ

建物を結露から守るには、家の断熱化が重要です。まずは熱の出入りの一番大きい場所である窓を、断熱タイプの複層ガラスにしたり、二重窓にするのが効果が高いでしょう。サッシもアルミ製ではなく、樹脂製にすると断熱効果がかなりアップします。その上で壁や天井に調湿材を使用すれば更に効果的です。

 

 

結露防止

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。