屋根裏の断熱工事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
屋根,断熱

家の中で外気と太陽光の影響をもっとも受けやすい天井と屋根はしっかり断熱をとり、熱の出入りのコントロールが大切です。外気に接する部分をしっかり断熱することが快適な室内環境へとつながります。

みなさまご存じの通り、暖かな空気は部屋の上部に溜まります。

冬は暖房で温めた空気が上に逃げ、夏は日光で熱せられた屋根から熱が入りこもります。真夏の上階はサウナ状態というのはよく聞きますね。

家の中で、いちばん暖気や冷気の逃げていく場所は窓などの開口部ですが、天井や屋根も次いで重要なポイントなんです。なんと家全体の熱ロスの約15%が屋根・天井と言われています。このことを大事に考えなければ、冷暖房費がかさむことになり家計への影響大です。

暖気・冷気の逃げ道である屋根・天井をしっかり断熱することで、空調ロスを減らし、冷暖房費のコスト削減につながります。

屋根裏断熱材

《適した断熱材は?》

天井・屋根裏部分にはどのような断熱材を使うのでしょうか。

断熱材の種類は大きく分けると「繊維系」と「発泡プラスチック系」の2種類です。

いずれも空気層を作ることで、外気温の影響を家の中に伝えないことが目的です。

天井・屋根裏はリフォームでも比較的取り掛かりやすい部分で、施工方法は繊維系の断熱材を使用されることも多いです。

繊維系断熱材であるグラスウールやロックウールなどを袋に封入した断熱材を敷き詰める方法が、さほどコストがかからないので多く採用されています。

しかし、袋に封入した断熱材を隙間なく敷き詰めるというのは難しいもので、吊り木や屋根裏に這わせている電気配線、ダクトなどに阻まれ、きっちり敷き詰めることは不可能なのです。

そこで、吹き付け方式での断熱材【現場発泡断熱材】の採用が増えてきました。

主にウレタンフォームなどの液状の材料を壁や屋根に吹きつけて、発砲させる断熱材です。繊維系の断熱材は、気密性を保持するための難易度が高いのですが、現場発泡断熱材は吹付けた薬剤が約100倍に膨らむので、隙間のない施工が可能です。膨らんだ断熱材には小さな気泡があるので、吸音性が良く、防音効果も高くなるので、雨音なども軽減されます。

基本的に専門の職人が施工するので、ムラなく安定した品質が期待できます。安定した品質の良さで利用者増加につながっているようです。

現場発泡断熱材発泡,断熱

上記に挙げた断熱材の共通の特徴は軽量であることです。

いくら断熱効果が高くとも、屋根裏や天井に施工するものが重いのはよろしくないですよね。軽量でないものは天井・屋根裏にはふさわしくないですね。

 

屋根裏断熱材まとめ

繊維系断熱材は施工しやすくコストも低価格ですが、隙間を完全に埋めるのが難しく、また結露が発生すると重みで下がってしまい、断熱性能が低下します。そのため長期間安定した断熱性を保つのが難しいです。

硬質ウレタンフォームの現場発泡品だと、自己接着力により隙間なく充填することができ、木材の経年劣化にも対応しやすいです。また、住まいの大敵である内部結露を抑制し、長期にわたり効果を発揮します。

あと何年その家に住まうのかという事と、コスト面をしっかり考慮してリフォーム内容を選んでいただければと思います。

 

 

屋根断熱,屋根工事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。