屋根の色

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
屋根の色

お家のイメージを左右する屋根の色
屋根の塗装リフォームをすることになったら、色選びに悩む方も多いのではないでしょうか。

屋根は普段見えにくい場所ですが、面積が大きいので外壁と同様にお家の外観イメージにも大きく影響します。
色次第でお家のイメージがガラリと変わるので、屋根と外壁のコーディネートはもちろん、元のまま色が変わらないアルミサッシや玄関建具の色とのバランスも大切です。センスの良い色選びをして、飽きのこない外観にしたいものですね。

今回の記事では、屋根の色選びに役立つ情報をお伝えできればと思います。

【どうやって色を決めるの?】

日本では、屋根には暗めの色が多く使われています。

元々、瓦の色自体が灰色やいぶし銀であったから、という説をよく聞きます。

屋根は直射日光をもろに受けるので、赤や青など原色に近い鮮やかな色は色褪せも早くなります。汚れや色褪せが目立たないという点で、灰色や黒は合理的なのかも知れませんね。

屋根の色選び

色選びポイント

人間の目の錯覚で、同じ色でも大きさによって色の見え方が違ってきます。薄い色は小さい面積の色見本より、実際の大きな面積になるとより薄い色に見えます。

逆に濃いはより濃く見えるので、思っていたよりも暗かった、明るかったという失敗の原因になります。

色見本を見て決める際は、明るい色や薄い色なら1~2トーン暗めを、暗い色や濃い色なら少し明るめを選ぶことをお勧めします。

色選びポイント②

色見本だけでイメージを膨らませるのは難しいものです。塗り替えを検討し始めたら、住宅街を歩いて具体例を見てまわりましょう。自分がどんな家にしたいかのヒントがけっこう見つかるものですよ。また展示場や物件写真など、できるだけたくさん物件を見てイメージを固めておきましょう。

一般的な屋根の色として、近年よく使われているのが、この4つの系統色です。

・ブラック系

・グレー系

・グリーン系

・ブラウン系

屋根の基調の4色ともいえます。

屋根の色系統別のコーディネートしやすい外壁カラーをご紹介します。

<ブラック系の屋根>

外壁の色:ライトグレーやグレージュ、アンバー(琥珀色)などとマッチします。

<グレー系の屋根>

外壁の色:アイボリーやベージュ、グレージュなどの無彩色とよく合います。サンドカラーやアースカラーと合わせると和風な感じになります。

<グリーン系の屋根>

外壁の色:白や薄いベージュがよくマッチします。

<ブラウン系の屋根>

外壁の色:ベージュだと落ち着いた感じで良くマッチします。

【屋根材選びはメンテナンスも考えて】

色によっては汚れが目立ちやすい、色褪せしやすいカラーもあります。例えば、ブラックは最も褪色しにくい色ですが、汚れは目立ちやすいです。グリーン系、ブラウン系も原色に近い鮮やかな色だと褪色しやすいです。

ですが、最近の塗料は改善され、防汚性に優れたものや、色褪せしにくい高機能な商品も増えています。

好みの色の金属屋根にすれば、塗装よりかなり長持ちします。後々のメンテナンスのことも考えて、工事業者とよく相談して決めましょう。

 

※地域の景観ガイドライン
家の外観カラーを変える際、地域によっては「景観ガイドライン」を事前に確認しておく必要があります。これは地域ごとの景観に関するルールを定めたものです。

全国の市区町村によっては景観ガイドラインを定めているところがあり、その自治体の建物は外観の色もこのガイドラインに合わせなければいけません。

お家の塗り替えをする前には、景観に関する規制やルール、またその内容について市区町村に確認しておくと確実ですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?色選びはセンスが重要と思われがちですが、センスがなくても理論的に考えることが可能です。

また洋風か和風かによっても似合う色、似合わない色があります。好きな色を選びたいのはもちろんですが、似あう色から好きな色を選んだ方が結果的に満足度の高いお家に仕上がることでしょう

せっかく大々的にイメージチェンジするのですから、新築気分を味わいつつ何年経っても飽きのこない配色にしたいですね。

 

 

 

屋根塗替え

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。