網戸の張り替え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今の網戸は虫だけでなく、花粉や紫外線もカットできるタイプも登場しています。

網戸は開き方のタイプもいくつかあります。最も一般的な「パネル網戸」、引戸のように横に引く横引きタイプの「横引きロール網戸」の他にも、蛇腹状の網戸を左右にスライドさせる「アコーディオン網戸」やロールスクリーンのように上に巻き上げる「ロールアップ網戸」などがあります。

 

網戸の目の細工を表す単位をメッシュといいます。

1インチ(25.4㎜)角の中に何個あるかをあらわしています。

18マス×18マスが普及品として多く使われています。

《特徴》

【パネル網戸】

パネル網戸は、バリエーションも豊富にあり、張り替えもしやすいのでメンテナンス性の高さが特徴です。

 

【横引きロール網戸】

引戸のように左右に引くタイプなので、ベランダや開け閉めを頻繁にする窓に最適です。

 

【アコーディオン網戸】

アコーディオン状の網戸を必要な時に引き出して使用するタイプなので、普段は室内からの眺めの邪魔になりません。

 

【ロールアップ網戸】

上に巻き上げられるので、上部で収納されて視界を遮らずスッキリしまえます。

 

《商品選びのポイント》

部屋やベランダ、窓の使い方に応じて網戸の開き方を選ぶのがポイントです。風通しを良くするために、玄関網戸を取り付ける人も増えてきています。

また、フィルター機能を持つ「フィルター網戸」は、虫だけでなく花粉やホコリの室内への侵入も防ぐことができます。花粉症で窓を開けることができない人や、小さな子供がいるご家庭に適していますね。

また、室内でペットを飼育する家庭が増えてきましたが、ペットの被害にあいやすいのが網戸なんです。ペット飼育家庭用として、強度を高めたタイプの網戸「ペットディフェンス」なども登場しています。

これからも付加機能がついた商品が登場しそうですね。

 

しかし、高い機能がついた網戸には、それぞれにメリットとデメリットがあります。

例えば、フィルター網戸は、通気に加え虫の侵入をよりしっかり防ぎ、花粉やホコリ、紫外線までカットするタイプがありますが、価格が高く、従来の網戸への張替えが難しいというデメリットもあります。

その点をしっかり確認して把握してから選ぶことが大切です。

 

 

 

 

網戸張替

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。