修繕費用の積立を行って大規模リフォームに備えていますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

どんなに管理し、心地よい環境を保とうと努力していても、家は遅かれ早かれ修繕が必要になります。さらに長く快適に住み続けるために、自分の家のリフォームのタイミングや修繕費用をしっかり把握しているでしょうか?

・修繕費やタイミングを把握しておく!

立地条件や住み方、使い方によっても異なりますが、一般的に新築から10年前後を目安に修繕の時期が来ると言われています。10年前後の大きな修繕といえば屋根や外壁塗装です。外壁塗装であれば、100万円単位のお金が必要となります。最近は10年以上もつ塗料も増えていますし、定期的にメンテナンスを行っていれば、10年経っても高圧洗浄で洗い流せる汚れぐらいで大きな修繕とはならないかもしれませんが、遅くともいつかは劣化によって塗り替えを行わなければいけなくなるので備えが必要です。また築20年を過ぎると外壁だけでなく、水回り設備機器などの取替えも比較的同じ時期にきます。家に住む家族の形態も変わっていることも多く、このタイミングで間取りの変更や内装材を新調するなど大規模になり1,000万円前後のリフォームのための大きな金額が必要になってきます。

・修繕に前もって備える!

マンションであれば良くも悪くも外壁を含めた共有部分の修繕に備えて、毎月管理会社に支払うことになりますが、戸建てに住む方は家に関わる全ての修繕費を自分で準備しておく必要があります。急な修繕や、数年後の大規模リフォームに備えて、毎月の積立をしておく事をおススメします。毎月多めに修繕費を貯金できるに越したことはありませんが、少なくとも月に1万円の修繕費積立を行うようにするなら、10年すれば120万円になります。ちょうど塗料の平均的な耐用年数は10年前後なので、塗替えの時期です。築15年~20年ぐらいになると水回りの入れ替えや床の歪みや沈みなど基礎の老朽化が出始める時期で大規模修繕の時期になります。また、大規模な修繕の前にも汚れなどによる掃除や小さな修繕はありますし、急に給湯器が故障したり雨漏りなど、すぐに工事が必要な場合もあるので、毎月の積立が出来ていれば、対応できます。

・修繕費を自己管理するのはメリットが多い!?

自己管理するのは大変かもしれませんが、マンションと違って無駄な出費をおさえることは出来るかもしれません。自分の経済状況に合わせて積み立てが出来ますし、普段から建物の劣化を防ぐための点検や掃除などのメンテナンスを定期的に行うことで、無駄に大きな修繕工事をせずにすむかもしれません。修繕のタイミングも自分で決める事ができ予算の計画も立てられます。築年数に合わせた修繕が行えるというわけです。
しかしマンションの場合は、住んでいる年数に関係なく、マンション自体の築年数次第で大きな工事が必要になる場合もありますし、住居人数によっては毎月の積立金では工事費が足りずに追加でお金を徴収されることさえあるようです。

・まとめ

戸建てはマンションのように修繕費の積立や共益費がないため月々ローンの支払いだけで安く済むと考えておられる方も多いようです。確かに実質の月々支払う金額はローン返済のみかもしれませんが、絶対にやってくるリフォームや修繕のことを忘れてはいけません。自分で修繕の時期や修繕費をしっかり把握して、毎月修繕費を貯金していくことや、急な故障や雨漏りなどがないように点検や予防といったメンテンスしていくことで、家を大事に管理していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。