築30年目の木造戸建てにはどれぐらいの修繕費が必要?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

木造戸建ての寿命は30~80年と言われています。50年もの差があるとはいえ、少なくとも家を建てて30年ぐらい経つと修繕のために大きな金額が必要になってくるということが分かります。大規模修繕にはどれぐらいの修繕費が必要となってくるのでしょうか?

・築10年で100万円!築30年でいくら必要?

外壁の塗装などで、10年目で100万円程の修繕費が必要と言われますが、単純に30年で300万円となるというわけではないようです。30年経つと、外壁や屋根といった外回りに加え、トイレや洗面、キッチンといった水回り機器の取替えも必要となります。一気に修繕が必要な箇所が増えるだけでなく、修繕と一緒にデザイン性を上げたり家族構成に合わせたリノベーションを行ったりと他の部分も同時に工事することが多く、一般的600万円程の費用が必要となるようです。金額は大きく感じますがが、便器だけ、キッチンだけ取り換えるといった少しずつ細かく分けて修繕を行うよりも、ついでに、床や壁の張替えなど関わる部分のリフォームを同時にする方が修繕費やリノベーション費用をおさえられます。ダラダラと修繕を行うのではなく30年目を目安に大規模修繕を行う方がメリットが大きいです。

・修繕のタイミングが重要!

最終的に築30年目で大きな修繕を行う計画を立てていたとしても、その間に修繕が必要になる部分もありますし、放っておく方が危険な場合もあります。例えば、先ほどあげた外壁や屋根の修繕、塗装やシーリング、コーキングの打ち替えは10年前後で行っていないと、雨漏りなど構造部に影響を与えるような問題につながりかねません。また、使えなくなると困る給湯器は20年目ほどで取替えの時期がきます。その際には40~50万円程の修繕費が必要となります。
そして見落としがちなのが、木造戸建てで注意しておきたい「シロアリ対策」です。一度シロアリに侵食されてしまうと、家一軒を倒壊させかねないほどの大きな力を持っています。どんなに見た目が綺麗に保たれていても、構造部の修繕を行わなければいけなくなると何百万もの費用がかかってしまいます。そうならないために、5年に1度の定期的なシロアリ駆除を行っておくことでシロアリの侵食を防げます。シロアリ駆除の相場は2,000円/㎡です。他の修繕費の積立と一緒に5年を目安にシロアリ駆除費用の積立も行っておきましょう。またこの5年のタイミングで、修繕ではなくても床下や構造部の点検を行うと良いでしょう。

・マンションより戸建てがお得?!

マンションでは戸建てと違い毎月、管理費や修繕積立費を支払わなければいけません。そこから修繕費が賄われます。構造や建物の規模によっても劣化の速度や修繕費に違いは出てきますが、国土交通省調べによると、10階建てで住戸の床面積70㎡のマンションでは1か月あたり9,800円~18,550円の修繕積立金を徴収しており、30年で352万8,000円~667万7,800円になります。木造戸建てでは築30年で600万円程の修繕費が必要となるので、マンションと比べると同じぐらいか、物件によってはマンションの方が安くなります。しかし、忘れてはいけないのは、マンションが毎月行っている修繕積立費は共有部分の修繕費であって、室内の内装や設備の修繕費は含まれていません。しかも、マンションの修繕費用は入居者の人数によって金額が変わりますし、入居年数に関係なくマンションの築年数に応じて修繕が行われます。その点、戸建て場合は総額の修繕費が600万円程ですし、自分のタイミングで修繕が行えます。定期的なメンテナンスや点検を行うことで故障や劣化を防ぎ、修繕費用をおさえるための対策も行えるので、修繕費の点ではマンションより戸建ての方がお得かもしれません。

・まとめ

一般的な木造戸建てでは、築30年目で大きな修繕のために、600万円程の修繕費が一気に必要となります。その間にも10年目から100万円単位での外壁・屋根塗装や給湯器の取替えといった修繕費、またシロアリ駆除のための費用が必要となります。戸建てに住んでいる人は、マンションとは違い毎月積立費を徴収されないとはいえ、数年たてば修繕費は必要となるので新築の時点から毎月積み立てておきましょう。自分で管理できる戸建てだからこそ、毎月積み立てを行いながら定期的な点検、メンテナンスを行うことで無駄な修繕費を払わないように調整していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。