修繕と改修の意味を理解してタイミングを考えよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

大規模修繕、改修、リフォーム、リノベーションなど、家や建物に関係する工事の呼び方には様々なものがあります。細かい意味合いは違いますが、実際には、その名称の意味を理解して使い分けている人は少ないかもしれません。工事を依頼されるリフォーム会社や建築会社なども依頼内容、工事内容で判断するので「それは修繕で、これは改修なのでウチでは工事できません。」なんて分けて注文を受けるということはほとんどないかもしれません。しかしこの違いを理解しておくことは、修繕費をおさえる点やタイミングを考える点で役に立ちます。修繕と改修の違いについて見てみましょう!

・修繕と改修の違いとは?

■修繕とは?

建物や建物の一部、設備や部材などに経年劣化や外的要因によって劣化が生じている場合、また不具合が発生している場合に、修理や取替えを行うことで問題が起きていた部分を解決し支障なく利用できる状態に回復させることを指しています。

大規模修繕などで使われる時の修繕は、字義通りの繕うだけや、補修、応急処置的な意味合いよりも建物を建設当初レベルにまで戻すことを意味して使われることが多いです。

■改修とは?

問題解決、機能回復という目的で行われる工事を指す修繕に対して、機能やデザインのグレードをあげる、価値をもたせる目的で行う工事を改修と言います。

現状でも問題なく利用できるものでも改修によって改良されることで、より使いやすくさせたり、好みの空間、居心地の良い空間を作り出したり、社会や時代の変化に伴う生活水準に合わせることが出来ます。

例えば、水漏れもなく、お風呂として問題なく使える在来工法の浴室を、追い炊き機能や水はけの良い床が標準装備となっているシステムバスに取り替える工事や、家族構成に合わせて間取りを変えることなども改修にあたります。

最近よく耳にするリノベーションがこの改修に、リフォームが修繕に対応して使われているようです。

・改修と修繕のタイミングを見極める!

家を守り長く維持していくうえでは修繕が、また住む人にとって居心地がよく快適な空間を作るという点では改修が必要なのでどちらも大事な工事です。

しかしもっと大事なのは、その工事をいつ行うかという点でしょう。修繕すべき時に改修だけを行っても、家の基礎、中心部分の劣化が進んでいては、ただ見た目や機能が良くなるだけで家自体の問題は解決できないかもしれません。

また、賃貸物件を持っているオーナーであれば、現状維持のための修繕だけではデザインや間取り、設備の機能などが古いままで建物自体の状態は良くても古さを感じさせるものとなり、改修を行うことで見込める、更なる入居者を逃すことにもなりかねません。

ですから、修繕と改修のタイミングは重要です。特に大規模工事を検討する際にはコストもかかりますし、工事期間も長くなるので関係する様々な要素を考ええるようにしましょう。

仮に大規模修繕を検討している場合は、比較的緊急を要する問題が建物に生じている時かもしれません。そのような場合は、とりあえず問題を解決するための修繕のみに目がいってしまうかもしれませんし、工事費を安くする事を考え、最低限使えればいいという考え方になりがちです。

しかし、そのタイミングでデザイン性や機能性といった改修部分も考慮するようにしましょう。

飽きのこないデザインや最新の機能を搭載しているかなど長い目で考えるようにして、大規模修繕工事のタイミングで、デザインや間取の変更、設備のグレードアップを行えば大規模修繕の後に改修工事をすぐに行う事が無いためトータルで考えるとコストをおさえ、工事期間の短縮にもつながります。

・まとめ

修繕や改修という言葉を分けて使われることはないかもしれませんが、実際には意味が違います。問題を解決し原状回復の目的で行われるのが修繕、改良し価値をあげる目的で行われるのが改修です。

不動産物件を所有している人はこの目的の違いで、確定申告の際の計上方法が変わるので特に重要です。

しかし、マイホームの工事に対しても、この2つの違いを理解していれば、今どちらの工事が必要なのか、長い目で見てどちらの工事が必要となるのかを考えることが出来るので効果的です。

そうすれば、必要な時に最適なタイミングで工事を行えるので家にとっても良いだけでなく、工事費用をおさえることや工事の短縮につながります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。